治療の流れ

①受付

扉を開けると受付になります。
初診の場合はここで問診表をお渡し
必要事項に記入をお願いします。

記入の仕方がわからない場合はスタッフにお聞きください。

②カウンセリング

あなたのお身体の状態についてお聞かせいただきます。

当院では一般的な整骨院や整体と違い、
漢方独特の診断方法を用いながらカウンセリングをしっかり行っています。

患者様がどうしたら短期で改善するのか、
どうしたら分かりやすい説明ができるのか日々研究を重ねております。


きちんとお話しを伺った上で患者さんに合った
治療方針、治療内容を決めていきます。

その際に
「鍼が苦手です。」
「鍼したことありません。」
「治療費を抑えたい。」
「漢方だけで治療していきたい。」
など、気になることや要望は遠慮なくお伝えください。

③診察

痛み・症状に合わせて必要な診察を
問診で得た情報と組み合わせてさらに詳しく診ていきます。

臨床検査・漢方的診断方法を用いて
体の中でどのようなことが起きて
その症状が発症したのかを調べていきます。

④説明

②・③で知り得た情報をなるべく分かりやすく
患者さんに説明いたします。

その情報を元に治療方針も説明させていただきます。

ワンダー鍼灸整骨院・漢方薬店の得意な治療

さいたま市南浦和で『足の痺れ』でお困りの方へ!ワンダー鍼灸整骨院の治療の流れ

⑤『足の痺れ』の治療

ふくらはぎがピリピリしたり、
足の裏・指先の感覚がおかしかったりする人は結構多いんですよね〜

感覚がおかしいだけなら我慢できるけど
それに伴って神経痛があると最悪です!

『足の痺れ』を起こす原因はいろいろあります。

整形外科的疾患だけでも
・坐骨神経痛
・腰椎ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・総腓骨神経障害
・腓骨神経障害
・モートン病
・足根管症候群
・前足根管症候群

簡単に挙げただけでもこれだけあります。

これ以外にも循環器疾患とか内科的疾患によっても
『足の痺れ』が出現することがあります。

ですので『足の痺れ』の治療は簡単ではありません!

しっかりとした診断・治療をしなければ
一生つきまとう厄介な病気・症状なのです。

『足の痺れ』の治療の具体的な流れ

上記で示したように
『足の痺れ』になる原因は様々です。

ですので、その原因をつけ止めることが
一番の重要になってきます。

『足の痺れ』の原因を突き止める

②・③で得た情報を元に『足の痺れ』原因を突き止めていきます。

『足の痺れ』の原因が
腰からきているのか?
お尻からきているのか?
血流障害からきているのか?

こういったことを治療の前に検査していきます。

稀にそれでもわからない場合は提携している
病院で一度レントゲンやMRIなどの
検査を受けにいったもらい、
どこの状態が悪くて症状が出てきてしまっているか
確認してもらいます。

そして最後に、
「なぜそのような状態になってしまったか」を
もう一度生活状況などを確認し、治療に進みます。

⑵の原因に従って治療方針を決めていく

⑴の原因によって治療方針を決めていき、
さらに患者さんに合わせた最適な治療法を選んでいきます。

まず、最適な『足の痺れ』の治療法を提案させていただきます。

マッサージ+整体+鍼灸治療が人気治療です。
この治療法のメリット
まず、原因となる筋肉を浅い層+深い層+筋膜
全てほぐした後に少数の鍼灸治療をすることによって
血流改善を促しつつ、ツボを使って治療していく方法です。

この方法で
今まで約30年間で治らなかった人は
ほとんどいません!!

⑶実際に治療を行う

『ワンダー鍼灸整骨院・漢方薬店』で
実際に行なっている
『足の痺れ』に対する主な治療法を紹介します。

1.整体・マッサージ

『ワンダー鍼灸整骨院・漢方薬店』
『足の痺れ』
に対する整体・マッサージは

原因となる腰・おしりなどの神経絞扼部位の
周りの筋肉を治療するには
浅い層の筋肉をいくらほぐしてもダメです!

『ワンダー鍼灸整骨院・漢方薬店』では
30年培ってきた経験知識を元に
中国の『推拿』
日本の『指圧』
アメリカの『マッサージ』を融合した

オリジナルのマッサージ・指圧を駆使して
普通では届かない深層の筋肉や筋膜も緩めていきます!

そして緩めた後に患者さんの体の状態を診て
歪みを調整していきます。

2.鍼灸治療

『ワンダー鍼灸整骨院・漢方薬店』
『足の痺れ』
に対する鍼灸治療は

脈やお腹、舌などを見て、
患者さんの全身の状態を的確に判断し、
ツボを選び、少数の鍼を使って

患者さん一人一人に合わせた
オーダーメイドの治療していきます。

3.漢方薬

『ワンダー鍼灸整骨院・漢方薬店』
『足の痺れ』
に対する漢方薬治療は

主に循環障害を伴う
糖尿病などの疾患を持つ『足の痺れ』に対して
漢方薬を使ったりします。

糖尿病の方は
血液がドロドロになっており、
『足の痺れ』を自己治癒させようとする
力が弱い方がほとんどですので
食事・栄養療法を指導しつつ、
漢方薬での体質改善をしてその後から
上記の鍼灸治療などをしていく必要があります。

ABOUT ME
ワンダー鍼灸・整骨院・漢方薬店
ワンダー鍼灸・整骨院・漢方薬店
さいたま市で《唯一》の【鍼灸・整体・漢方薬】の三拍子揃った南浦和の鍼灸整骨院! ・整体...骨の歪みを整える ・鍼灸...即効性のある痛みや痺れの治療 ・漢方薬...身体の中から体質改善!! 3つを組み合わせて東洋医学の力を最大限に発揮します!